IMG_7352



花一輪は米粒ほどの大きさの4弁の花で、下側の1弁は白い色です。

ですから、上から見れば赤花に見え、下から見れば白い花に見えます。 

この事から、祝儀袋などにかけられる紅白の “水引き” になぞらえて 「水引」 と名付けられたそうです。

“白一色の水引” は 「ギンミズヒキ(銀水引)」 と呼ばれています


RIMG6428