施工エリアは佐賀県/佐賀市、神埼市、吉野ヶ里町、他、福岡県/大川市、久留米市、筑紫野市、他です。エクステリア工事、ガーデン工事はおまかせ下さい。

佐賀県のエクステリア工事、
造園工事なら創園にお任せ下さい。
有限会社 創園
〒842-0107
佐賀県神埼市神埼町鶴2019番地1
エクステリア系
Q:「プラン」や「お見積もり」は無料ですか?
A:基本的に無料にてご提案させていただいております。

Q:実際に施工する為にはどれくらいの予算が必要ですか?
A:お庭の広さや使用する材料によって大きく変わってきますので、一概に「坪当りいくら」という単価はありません。お気軽にご相談下さい。

Q:庭の一部分といった様な小さな工事でもお願いできるのでしょうか?
A:はい。もちろん施工させて頂きます。例えば、チョットした石の撤去や樹木の植替え等、お客様のご要望に応じて施工いたします。

Q:家族が増えたので、駐車スペースを広げたいのですが、庭を縮小するしか無いようです。いいプランを提案してもらえますか?
A:近頃、多い相談です。現地を確認してより良いプランをご提案させていただきます。

Q:植栽した樹木が枯れてしまった時はどうなるのですか?
A:庭木については、植栽を完了した日から1年間の補償をさせていただきます。ただし、植付け後の水やり等はお願いすることになります。



植栽系
Q:植木市で苗木を買い庭に植えたいと思ってますが、木によい季節があるのですか?
A:あります。一般に、2〜3月初め頃が良いとされますが、夏もいいと思われます。水管理さえすれば発根スピードも早く活着しやすいです。どちらにしても購入する際は、根鉢がグラグラしていない物・葉っぱがシャンとしている物を選ぶことだと思います。


Q:庭の剪定を頼もうと思うのですが、生垣だけということでもお願いできますか?
A:もちろんです。生垣だけや、高い木だけでも喜んで作業させていただきます。



Q:当方の母が一人だけで実家に住んでいます。昔は草むしりなどしていたのですが、最近では足の調子が悪く、庭か草むらか判らなくなっています。自分が、行ければよいのですが、なかなか行けません。どうか、草むしりだけでもお願いできないでしょうか?
A:近年このような仕事は、増えてきています。少子化?のせいでしょうか。もちろん当社では、喜んでお引き受けします。


害虫系
Q:生垣のベニカナメモチに大量のイラガがついていました。ホームセンターでスプレーを買ってきてかけたのですが、あまり多くついていてきりがありません。植木屋さんに消毒を頼みたいのですが、いくらぐらいかかるのですか?
A:当社では、100円/リットルで散布施工を行っています。大きなお屋敷でない限り大体50リットル以内の散布量で収まると思われます。季節や害虫の種類により、薬剤を使い分けて消毒作業を行います。


病気系
Q:庭にあるハナミズキに白っぽい粉のような物がついていました。知人に聞いてみると、「それは、病気なので、その枝を切ってしまった方がよい。」と言われました。何か他に対処法は無いのでしょうか?あまり枝は切りたくありませんので。
A:この病気はうどんこ病では?と思われます。一番いいのは病状の出ている枝を切り焼却するのがいいのですが(他の樹木への伝染を防ぐ為)、切るのが嫌だと言われる場合は、水和硫黄剤等の散布をお勧めします。散布するときは全面にゆっくり確実に散布するよう心掛けて下さいね。


Q:サザンカの葉っぱの中に2〜3枚他の葉と違い白っぽく丸いはがあります。これは何ですか?
A:これはもち病だと思われます。この病気は降雨の多い時期や湿度の高い時期になり易く、梅雨明け後は発病しなくなります。出来るだけ薬剤散布を行わず、病状の出ている枝葉の切除で対処した方がいいと思います。


剪定作業
Q:アジサイを剪定したいのですが、切り口が枯れたようになってしまい、見かけが悪くなってしまいました。切り方が悪かったのでしょうか?
A:アジサイの場合は必ず葉が付いている先で切るようにしましょう。葉と葉の間で切るとその部分が枯れ下がってしまいます。そうする事で枝先には必ず葉っぱがあるという事になり、見映えがよくなり、樹勢もよくなります。


Q:隣のお宅のサザンカは開花の時期になると沢山の花をつけるのですが、我が家のサザンカはあまり花をつけません。剪定はとなりと同じ時期に私が行っています。
A:剪定を行う時期が明らかになっていませんが、夏に近づけば近づくほど短く切ってはいけません。これは折角出てきた花芽まで切り落としてしまってるのでは?思ってしまいます。7月半ばを過ぎてからは、花芽を切り落とさないように軽めの剪定で我慢しましょう。


Q:知人に庭のモミジを剪定してもらったのですが、かなり太い所から切ってあり、とても同じモミジとは思えない姿になってしまいました。どうすれが良いのか教えて下さい。
A:こればかりはどんなに腕のよい植木職人でもどうしようもありません。モミジ本来の樹形を取り戻すためには、3年ほど手を入れずそのままにしておいて下さい。そうすれば徒長も伸びて昔の姿に少しは近づけると思います。


Q:庭にシャラとワビスケがあるのですが、葉色もよくなく元気がありません。肥料をあげたいのですが、どういった方法がありますか?
A:施肥については、地表に散布する、地下に打ち込む等の方法がありますが、地表に散布する場合は梅雨や真夏の時期は避けましょう。有機肥料(油かすや鶏糞など)はそうでもありませんが、化成肥料は急激に効くので一箇所に集中して施すのはよくありません。樹木(特に低木)に多大な影響を与えることもあります。打ち込み肥料は緩やかにしっかり効くので、当社としてもお勧めの方法です。


カテゴリー: 10よくある質問
トップページに戻る
 
佐賀県のエクステリア工事、造園工事、リフォーム、リニューアル、リガーデン、カーポート、ウッドデッキ、テラスなら創園にお任せ下さい。
TOPお問合せブログ会社概要業務内容仕事の流れモダンな洋風癒しの和風作品ギャラリービフォー・アフター
ご提案図面と施工写真スナップアクセスマップ四季の移ろいメンテナンスよくある質問お客様の声サイトマップリンクRSS
施工エリアは佐賀県/佐賀市、神埼市、吉野ヶ里町、鳥栖市、三養基郡内、小城市、多久市、武雄市 その周辺 福岡県/大川市、久留米市、筑紫野市、
大野城市、小郡市、春日市、柳川市、太宰府市 その周辺です。エクステリア工事、ガーデン工事、庭、外構、造園、樹木、植木はおまかせ下さい。
Copyright 2009| 有限会社 創園 |